パーフェクトLife初級(自身探求1日目)

ミラーワークの文章・事例

こんにちは!片平です。

2回にわたって
Pさんのタッピングの事例を
紹介しましたがご覧になられました?

今日はそのまま
ミラーワークのための文章も
紹介していきますね。

ミラーワークの書き方が
わからない方は

引き続き、Pさんの
ミラーワークの内容をお伝えします
ので参考にしてくださいね。

思い出してみましょう。

ミラーワークに書くことは、
その時、本当は
こんな風に褒めて欲しかった
っていうことを書くんでしたね。

※今日のブログが何と思う方は
 下記をみてから読み進めると
 一連の流れがよくわかりますよ!

タッピング①の文章・事例

タッピング②の文章・事例

ーーー

本当にすごい!

お父さんお母さんより飾り付け
テープの作り方が上手じゃないか!?

〇〇(←自分の名前)は、本当にすごいね。

今まで何で

〇〇(←自分の名前)の才能に
お父さんお母さんは
気づかなかったんだろう!

〇〇(←自分の名前)は
こんなすごい才能があったんだね。

ああ、〇〇(←自分の名前)
お父さんお母さんの長男に
生まれてくれてありがとう!

大好きだよ!〇〇(←自分の名前)!!

ーーーー

ミラーワークでは
自分の能力を褒めるだけでなく
存在そのものを愛おしく思っている
ことを表現してください。

・何かしたら褒められ
・何かができなかったら叱られる
というのではなく

何もしなくても、
そこに存在するだけで
愛おしいという気持ちを
文章に込めてください。

そして、そんな
過去の苦しんでいた自分を

大人になった今のあなたが
妄想の世界で思いっきり
抱きしめてあげてください。

そうして初めて
苦しんでいた過去の自分が
一人癒されては…消えていきます。

Pさんは、実は
フォローワークに参加されて
開口一番こう言いました。

「こんなことをする息子に
 なんて言ったらいいか
 わからない???・・・」

でもここまで
読み進めたあなたなら
もうおわかりでしょ?

そうです。

このミラーワークで
書いた通りのことを
息子さんに言ってあげれば
いいんです。

そしたら
息子さんは自分の行動と
存在そのものをまるっと全部

両親に受け入れてもらえ
認めて、褒めて、愛して
もらえたんです。

その証拠に
「生まれてきてくれてありがとう」
と言って、両親がハグしてくれたら

5歳の息子さんは
どれほど満たされた気持ちに
なることでしょうか?

では、今日も
素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
            片平 悦子

 

タッピング②の文章・事例

こんにちは!片平です。

先日のPさんのタッピングの話
ご覧いただきました?

今日はあの続きです。

タッピングのための
文章作りは、
2つありましたよね。

覚えておられますか?

1つ目は
気づいた「マイナス感情」を
そのまま…ぶちまけることでした。

2つ目は
そんなドロドロしたエネルギー
たっぷりの「マイナス感情」を抱えたまま

今日まで頑張ってきた自分に
気づけた自分のことを
褒めたり認めたりするんでしたね。

その書き方の
参考になるかもしれないので

前回に引き続き
Pさんの内容を引用させていただきます
ので参考になさってくださいね。

ーーー

ウオオッッ〜〜〜!

自分のマイナス感情に気づいて
吐き出せた自分は偉いぞ〜〜!

すごいじゃないか!!

P(←自分の名前)大好きだ〜〜〜!

愛してるよ〜〜っ〜〜〜!!

I love you !!!

ーーーー

Pさんは
この文章を見て
苦笑いしていました。

でもね。。。

本当に
このくらい褒めないと、長年
苦しんできた自分が浮かばれません。

ガンガンタッピングしながら
自分のことを褒めて、認めて
愛しちゃってください!

では、今日も
素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
            片平 悦子

 

タッピング①の文章・事例

こんにちは!片平です。

 

自信探求セミナー(現:パーフェクトlife「序」)
のフォローワークのでき事。

彼(Pさん)はフォローワーク3回目。

1回目は潜在意識に入る事すらできず。
2回目にようやく潜在意識に潜り込み。

3回目の今回、
潜在意識の底にある
固い蓋にちょっと穴が空いた。

 

どうしたかというと…
彼は賢い方法を編み出しました!

自分では全く
潜在意識に入り込めないので

5歳になる息子の行動で
イライラする場面とか
『何でこうするかな〜』

というでき事を
自分に投影して、

自分が子供の頃に、
似たような事があったのではないか

という仮説のもと、
自分の潜在意識を
探ってみる事にした。

と、いいます。

 

それは、賢い、良い方法かも…
なるほどと思って早速スタート。
子供ってありがたいですね。

Pさんの息子さんは
2歳になったとき、
下に妹さんが生まれました。

一番甘えたい時期に
ちょっと弱く生まれた妹さんに
両親の気持ちが全て持って行かれ

さぞや
悲しい思いをされている
のではないかと推察しました。

 

子供のイラッとする場面

 

事実として起こった事:

5歳の誕生日に
部屋の天井に飾り付けを作り
幼稚園から帰宅した息子に
「おめでとう!」と言ったら

「僕の方が上手にできるよ」
と言って息子が自分で
飾り付けを作り始めた。

両親:唖然!

この実際にあった出来事を
自分の事として投影してみると
5歳の息子さんが一体どう思っているかわかる?

とPさんに聞いてみると・・・

「全く分からない」

とのことなので
私が勝手に作文してみました。
自分だったらこうじゃないかなって感じで!

以下5歳の息子さんの気持ちを
私が勝手に解釈した内容です。

 

ーーーーーーーーーー

「自分の方が上手にできるよ。
ほら、もっと僕のこと褒めてよ!

5歳の誕生日だからって
そんな急に僕の機嫌を取る事をしたって
今までの埋め合わせには全然足りないよ。

あんたたち(両親)より
うまく作ってみせるから
僕の事、しっかり褒めてみな!

ちゃんと褒める事できるのか?!

畜生!
畜生!
ちっくしょう!!!

どうせ作れるもんかと思ってるんだろ?
見てな!

お前たち(両親)の目の前で
今! 俺が作ってやるから!」

ーーーーーーーーーー

 

これを見て、Pさん

「確かに・・・」
「僕はこういう感情的なこと…
書こうと思っても、全く思い浮かばないんですよね」

とおっしゃいます。

 

これが何を意味するかというと
潜在意識の固い蓋の下にあって
思い出すことすらできないということなんです。

 

でも
何度かやっているうちに

「ああ、なるほど、確かに…
そう思っているかもしれない・・・」

とPさんは、言いだしました。

そこで、この文章に
さらにPさんの感情を加えて
リライトしていただき

別室で
タッピングしていただきました。

 

次回は
自分を癒すタッピングを

Pさんの例をもとに、
また紹介したいと思います。

あなたも、
嫌な事をスルーしないで
なかった事にしないで・・・
ぜひ向き合ってみてくださいね。

 

具体的に例があると
タッピング用の文章の書き方が
わかるかもしれない

とってもわかりやすい
と思う方もいるかもしれない

と思い、Pさんの
許可を頂き紹介しました。

Pさん!
公表を許していただき
本当にありがとうございます。

では、素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

             片平悦子

 

欲しかった本。数万円が700円でGET!

こんにちは!片平です。

昨日今日とクロスウェーブ府中で
パーフェクトlife「序」(旧:自信探求セミナー)を
開催しています。

夜にメールチェックをしていたら
以前セミナーを受けた山田さんから
連絡が入っていました。

メチャクチャ長いですが
潜在意識が、欲しいものを引き寄せた
体験が書かれていました。

彼は、
まるで子供のように
ピュアな心を持っておられます。

だから余計
「引き寄せ」が早く、かつ強く
起こるのかもしれません。

「車おたく」にはたまらない内容です。(^^/

ーーーココからoriginalーーー

ご無沙汰しております、
木更津市の山田です。

早いもので今年も
半分が過ぎようとしております。

潜在意識活用セミナーを学んでから
半年以上が経過する中で、私が経験した
プチプチ体験談を報告させて頂きます。

薄い内容の割に(ゆえにプチプチ!)
長いかもですが、お付き合い頂ければ幸いです。

昨年の秋過ぎに、
「俺は何をキッカケに
こんなにクルマ好きになったんだろう?」
とふと考えました。

その中で頭に浮かんだのが、
とある一冊の本の出会いでした。
その本を何度も読んでは、

日産スカイラインというクルマと、
そのクルマの設計者の哲学に引き込まれて
いったことを久々に思い出しました。

「そうだあの本をネットで探そう!」
そう思うと、

あれこれとネットで調べましたが、
どこを探しても中古本を見つけることが
できない日々を過ごしていました。

色々と検索するなか、
過去の取引状況などを見てみると、
数年前に2~3万円台で取引されている事が判明。

「俺みたいなクルマ小僧だった頃を
思い出す世代が高値でも買ったんだな!!
でも数万円は今の俺には無理だな~」

と思った次第です。

そこで私は
その経緯をFBで書いてみようと思い、
下書きを始めました。

普段は下書きしないのですが、
何故か暇みて書いてました。

以下下書きより(長いので一部カット)

私のクルマ好きになった原点

昨年の秋頃かな〜、オレって
どうしてこんなにクルマ好きになったんだろう
そんな事をぼんやりと考えるひと時があった。

父親の影響も確かにあったし、
時代的にスーパーカーブームでもあったので、
周りの友達もみんながクルマ好きだった。

そんななかでオレは少し変わっていた。

そう、当時スーパーカーブームのなか、
周りはポルシェやフェラーリや
ランボルギーニなどに熱狂するなか

そんなスーパーカーに
はさほど興味を示さず、
国産車に一番の興味を待っていた。

その訳は
「われらがスカイラインGT 」

 中略

クルマとオーナーが語り合えるクルマを作りたい。

そんな思いが、子供の私に
ひしひしと伝わったんだと思う。

この本に出会っていなかったら、
今のオレは居なかったと断言できる。

そんな思い出の本を
もう一度読みたくなった。

ネットで探したが、
オークションやAmazonでも無かった。

探し続けると、過去の取引相場がわかった。

良品となると
2〜3万円が相場だと知り今は諦めた。

でもいつか
潜在意識を活用して手に入れてやる。

オレの人生クルマしだい!!

こんな内容です。

そして月日は流れ3
月上旬のとある日。

朝方の仕事に行く前に
トイレに入り便座に座ると

「あ、あれFBにupしようと」
と頭を過りました。

そしてFBにアップするなら、
その本のカバー写真もネットで探して
一緒にアップしようと思いました。

そこで
その本の名前と出版社名を入れて、
検索してみたところ

な~んと、
その本がアマゾンで
中古として一冊出品されていたのでした。

しかも、
その値段

700円

千円未満での出品ではありまませんか。

思わず3回ほど、
スマフォで検索しなおしちゃいました。

しかもオークションではなく、
Amazonで古本の出品です。
そして美品と明記有り。

腰が抜けるほど驚いた私は、
パンツも履かずにリビングの
妻のところに這っていき

スマフォ渡して
「これ今すぐ買って下さい。お願いします」
と土下座してお願いしました。

実はトイレで便座に座り、
Amazonの出品を見たときは
全身に鳥肌でました。

だって
「でもいつか潜在意識を活用して手に入れてやる。」
って自分で書いて、

しかもそれをupしようとして
表紙を探したらいきなり出品に出会う。

数か月も探してなかった本をですよ。

片平先生、
本当に感動しちゃいました。

数日後に本が届くや、
一気に読み切ると、
子供の頃の懐かしい記憶が蘇りました。

そしてFBにアップしました。

記事の内容は
上記の下書き通りですが、
違うのは最後の部分。

「でもいつか潜在意識を活用して手に入れてやる。」
の文が

そして先週、
諦めきれず探し続けた結果、
ようやく一冊のこの本を探し当てた。

スカイラインに憧れあの頃の自分が、
溢れ出てくるように思い出される。

クルマ好きになった原点
ここにあり‼

に変わりましたが!(^^)!

クルマや潜在意識に興味の方には、
私のこの体験がどんだけ感動的か
分からないかも知れませんが

私はこのときに、
潜在意識の存在を確信した瞬間でした。

片平先生有難う御座いました。

これっぽっちの報告に、
長々と失礼いたしました。
これからも宜しくお願い致します。

やはりオレの人生クルマしだい!!

山田真人

ーーーここまでーーー

楽しいですね。
潜在意識の働きが
手に取るようによくわかります。

参加された皆様が
どんどんご自分の夢を実現されますように
心から願っております。

片平悦子

 

潜在意識で成功加速セミナー

先日「潜在意識で成功加速セミナー」を行いました。

jisin-lp-img-a1

自分で作ったコンテンツなのに。。。

前回の同セミナーのとき、
内容が少しばかり難しいので、
ちょっと簡単にしようかなと思っていました。

でも、なんとなく気が進まず
内容変更しないまま、
今回のセミナーに臨みました。

それが良かったようです。

やはり、難しいから簡単にではなく

難しい内容を、

・いかにわかりやすく伝え
・深く理解していただくか

私自身の能力を鍛えるための
訓練をしようと思ったのでした。

今日の参加者の声をご紹介しましょう。

抽象的な表現で
少しわかりにくいかもしれませんが

感情をきれいにすることが
本質的な問題であることに
気づいていただけるのではないかと思います。

 

参加者 MNさん の声

自分の最大の悩みが何であり、
成功するのに何が不足しているのか?

またその解決策を、
潜在意識でどう解決できるか
知りたかったです。

実際に、セミナーに参加して
潜在意識が、思考にどのように
関係しているかを明確に知る
ことができました。

・感情が潜在意識にどう作用しているのか?

・どうのような感情が成功を妨げているのか?

自分の持っている感情…

と言っても

「我慢している自分の感情」が、

周りの人にどう影響しているかを知ることができました。

今後意識して
良い感情の持ち方で日々生活します。

 

また、家族が自分の一番嫌な行動をとる「原因」がわかりました。

少しずつではありますが、自分が成功するための
行動がとれるように変われそうです。

本当に
自分の本質が浮き彫りにされたことで
セミナー中…苦しくなりました。。。

が、、、

自分の最大の課題が見つかり、
解決策を、片平先生から気づかせていただきました。

本当に素晴らしいセミナーでした。

 

ーーーMNさん の声 ここまでーーー

 

MNさんは、【使命発見セミナー】に
参加しておられるので、使命はすでに明々白々。

それに向かって努力していることも、拝見していてよくわかります。

 

しかし、ゆっくりしか
前に進んでいないように私には見えました。

もし、そのスピード感が楽しいのなら、
もちろん全く問題はありません。

でも苦しいなら、何か苦しく感じさせる理由があるのです。

今回、彼は
彼の前進を妨げる一番の原因が
実の父親との関係だったと気づかれました。

そして、本気でより深く
見たくなかった自分の感情に
向き合うことを決意して帰られました。

 

その意味で振り出しに戻りますが

自信探求セミナーは基礎の基礎です。

 
使命にも気づき、やりたいことが明確なのに
自分の潜在意識が邪魔をすることがあります。

家族や、友人が代わりに
悪役となって邪魔をすることもあります。

それは、このまま進むと被害が大きくなるよ
というもう一人の自分からのメッセージのように思えます。

 

そしてどなたも、
最後は小さい頃の家庭環境に
成功・不成功の種が隠されていると、つくづく感じます。

 

善悪という視点ではなく、
「自他共に成長するために」
という視点で見たとき

何かしら修業課題が埋め込まれていると感じさせられるのです。

それも、

テーマは「愛」

ほとんどの方がそうです。
私自身もそうでした。

ファイル 2016-02-20 23 10 58

愛の本質がわかった方のみが

本当の意味で成功できるし

成功の階段を登ることができる!

 

特に男性は
「俺には、そんな愛なんてみみっちいこと…関係ない」

「仕事がうまくいきゃ、男として価値が上がるんだ」

とばかり、

現実を見ないようにして、なんとか乗り切ろう
とされますが人生は不思議です。

必ずその方が解決すべき課題は、
逃げても逃げても、場面を変え人を変えてやってきます

だから、これが自分の
人生をかけての課題かなと思ったときには
正面突破をするのが一番。

『そうかもしれないな…』
と思ったあなたと、いつかどこかで会えますように!

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

                  片平悦子

 

お金があるときが一番貧乏…

こんにちは!片平です。

今日ご紹介する方は
なんと出版したお掃除の本が
累計360万部も売れた方です。

joy

「360万部も売れたら、
 相当儲かったでしょうね〜」と、私。(^^/

すると、あえて数字は書きませんが
「びっくりするほど印税が入った」そうです。

でも、でも、でも、、、、なんと

「高額の印税が手に入ったときが一番貧乏だった」

と、舛田さんはおっしゃいます。

実際には

lack

「無くなったらどうしよう?!」
「守らなくてはいけない」
「どうしよう・・・」

fear

こんなマイナス感情が溢れ出て
自分が自分じゃないような
精神状態だったそうです。

おお!これこそ、

貧乏神の思うツボ

『これは、お誘いしなければ!』

何せ《自信探求セミナー》の以前の名称は

《貧乏神追放セミナー》
《貧乏神追い出しセミナー》etc・・・

と、貧乏神が冠されていたからです。

でも、
他人に紹介するときに困るというご意見が多数。

例えばこんな感じになるのだそうです。

紹介されたAさん:「なんのセミナーに出たの?」

紹介したBさん :「うん、実は、、貧乏神〜〜」

紹介されたAさん:「え?貧乏神??」

と、なってしまうんです。。。

結局
「貧乏神がネームの最初だと紹介しづらいっす」
という声が多くて、

貧乏神がいなくなって
頑張れるようになったらどんな風になるんだろうか?

う〜〜ん

う〜〜ん

う〜〜ん

「そうだ!自信がつきます!!」

ということで
《自信探求セミナー》
という名称になった経緯があるんです。

すみません。

私の話はどうでもいいことでした。(><;

そんなこんなで参加された
舛田さんの感想がこちらです。

 

=*=*=*= 舛田光洋さん(作家、50代、男性)=*=*=*=

 

新しい仕事への
心の壁があって
苦しくて参加
しました。

ワークで見つかった
マイナスのパターンは、
11年間もの長い期間、

お金を稼ぐために
慈悲魔(じひま)「いい人」にならなきゃいけない
と思い込んでいた
ことでした。

セミナーを受けて、
分散から集中に切り替えよう
と決意できました。

これまでやっていた、
やらなきゃいけない
と思い込んでいた枝葉の仕事は捨て、
本来やるべき仕事に集中できます。

明日から執筆計画を立てて
集中して書いていきます。

実際には予想以上に深いセミナーでした。
幸福に成功したい方に是非オススメです。

セミナーの最後に舛田さんが
お話くださった動画はこちら↓↓↓

 

=*=*=*= ここまで =*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*=

 

「幸福に成功したい方」
って、素敵な表現ですね。

本当は家族と関わり合いたいのに
仕事上そうできない苦しみで
辛いパパもいるかもしれません。

現代は共稼ぎなので
父親だけでなく、母親も切ない気持ちで
働かざるを得ない可能性もあります。

親は子供のために、精一杯働いているのに

幼い子供達はその親の気持ちは理解できません。

そして「愛されなかった」
という感覚ばかりが残り、
親を心から愛せない苦しみを
引きずることになる
場合があります。

そういう方が、自信探求セミナーで
本当は愛されていたことに気づき
自分に自信が持てる
ようになっていきます。

動画をご覧いただくとわかると思いますが、
とても心がピュアな舛田さん。
これから新しい未来が開けていく予感がします。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
                  片平 悦子

追伸

舛田さんの本が欲しい方は
アマゾンで舛田光洋と検索すると
たくさんあります!

 

自分への嘘は苦しい…

こんにちは!片平です。

ウソをつき続けるって苦しいです

honesty

他人へのウソなら
その方と距離が離れれば
忘れることもできます。

でも、

「自分が、自分に嘘をついている」

この状況はとっても苦しいです。

何を隠そう、私が
そのウソをつき続けてきた張本人。

だからすごくよくわかります。

人間、そう何十年も
ウソをつき続けられるもんじゃあぁぁ… 
ありません。

どこかの時点で、もう一人の自分が反乱を起こします。

『もうだめだ!』
『苦しい!!』
『苦しすぎる!!!』…と。

こんな時は、混乱していて

・一体なぜ苦しいのか
・何がどうなってこんなに苦しいのか

原因も誘因も、よくわかりません。

私は、そのなんとも言えず
誰にどう相談していいかわからない
地獄から抜け出すのに20年以上かかりました。

今になって、当時を振り返ると
自分で作った小さな檻の中で
『人のせい、環境のせいでこうなった』
と言い張ってもがいていた感じ
がします。

そして、もがいてジタバタして、
ウソつき地獄から抜け出した頃、

ようやく
【いい子を演技するのをやめよう】
と決意することができました。

嫌なことは「イヤだ」と言う。

こうしたいと思ったことは
誰が反対しても「行動する」。

そしたら
本当の自分が解放され
快適で自由な大海原に出ることができた
のです。

それを見て
『言いたい放題のこと、言っちゃって…』
と思う人がいるかもしれません。

『好き放題のことができていいね…』
と言う人がいるかもしれません。

でも、
せっかく両親から生を受け
人生を生きていくなら

人の顔色なんて気にしないで
生きたいように生きていこう!

回顧してみると、
私のことを悪し様に言う人が
私を助けてくれたなんてことは、
今まで一度もありませんもの。

黙って、私の努力を見てくださっている方が
時期が来ると、そっと助けの手を伸ばしてくれる

そっちの方が真実でした。

だから、
「バカ」と言われても「チョン」と
言われても、自分の心に正直に生きる。

結果は、
「良かったらおかげさま、
 悪かったら自己責任と受けとめるよう」

覚悟を決めた時から

私は、「幸福の道」
歩き始めた気がします。

今回の彼女もきっと
似たような苦しみを抱え

自分でもよく分析できないから
人にも何といっていいかわからない

当然、身近かな誰にも
うまく相談できなかったことでしょう。

どれほど苦しかったことか!
と思うと本当に切ない気持ちになりました。

ですが、だからこそ
そこから抜け出す方法を
自身探求セミナーで提供しています。

 
*=*=*=* 讃岐国子さん(経営者、40代、女性)*=*=*=*
 

前に行けない自分と、
そこにある【根】の部分が
何だったのか悩んでいました。

本当は5月に
再受講予定でいたのですが
主人に勧められたので参加しました。

今回見つかったマイナスパターンは
「不安」「恐怖」「悲しみ」

小さいころ父に感じた嫌悪感を、
今、私が母にしているような気がします。

セミナーを受けて
表面の浅いところからしか
なかなか自分を見ることができなくて、、、

見たくない自分があったりしたけれど、、、

自分を苦しめていたものが
少しわかったような気がします。

明日からもワークをして
もう少し本当の自分の感情に
向き合ってみたいと思います。

今回は2回目の参加でしたが、
なかなか辛く苦しい2日間でした。

でも、
1回目よりも毒が出た気がします。

いい子でいるのはやめたいと思います。

 
*=*=*=* ここまで =*=*=*=*=*=*=*
 

国子さん
無理にワークをしなくてもいいですよ。

『また、そろそろ…ワークしてみようかな…』

と、思うまで待ってみても全然大丈夫です。

だって、
半世紀も抱えていた想いですもの
そんなに急に頑張らなくてもいいんです。

できない自分に優しくなりましょう。

ダメな自分でも、
そのまま駄きしめてあげましょう。

何もできなくても、
そんな自分を許してみましょう。

「こうでなければならない!」という縛りを解いて

『頑張っている自分は、偉いな〜〜』
と、ささやくように言ってあげましょう。

ちょうど、
スヤスヤ眠る赤ちゃんに
そっと話しかけるように。。。

これから、本当の彼女が
姿をあらわすまでしっかり
応援したいなと思います。

多くの方は、
同じ悩みがあってもあまり
気にせずに生きています。

気になって仕方がない
なんとか抜け出したい
と切に願う方は

抜け出した後、
何かをすることになっているから
抜け出したいのだと思っています。

この苦しみを抜け出した後の
国子さんの活躍が楽しみです。

『そこまでご一緒できたらいいな』
と、私もこっそり願っています。

国子さん、
一人じゃないからね〜。

自分のペースで、
自分を褒めながら
ゆっくり前に進みましょう。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
                  片平 悦子

 

本当は大好きの裏返し《大嫌い》

こんにちは!片平です。

大・大・大好きなのに
相手が振り向いてくれないと

love

その大・大・大好きの反動で
大・大・大嫌いになりストーカー殺人に発展する。。。

ニュースやテレビドラマで見ることありますよね。

resentment

それを見て
「何てバカなんだろう。
 自分は善人だから、こんな
 ストーカーのような愚かなことはしない!

と多くの方は思います。

私も、そう思っていました。

子供の頃、
大・大・大好きだった父親や
母親に振り向いてもらえず、
期待する返事をしてもらえず過ごすと

ある時から
「大嫌い」「言うことなんか聞くもんか』
と思うようになることがあります。

それは、
小さい時に刷り込んだ記憶なので
潜在意識の下のほうに深く深く沈殿していきます。

沈殿して忘れてしまっているから
自分が本当は大好きだったなどということを
思い出すことすらなく過ごします。

そして「嫌い・嫌い・大嫌い」
「あんたなんか顔も見たくない」

そうこうしているうちに

声を聞くのも嫌になり
顔を見るのも嫌になり

親なんかいなければよかったのに!
そう思ったりするようになります。

とはいうものの、

どなたも善人なので
外部を傷つけるのではなく、
自分を痛めつけます。

そして
精神が病んだり
体が不調になってくる。

そんな時
医者は対症療法はしてくれますが
その原因である心のケアまではしてくれません。

そして、「あんたが悪い」
と責めている本人が、
一番苦しい立場に追い込まれていきます。

そんな状況から脱出し
光が見えた方の声をご紹介します。

joy

 

ーーー NJさん(経営者、50代、女性)ーーー
 

今回は2回目の参加です。

前回のセミナー参加後、
とても楽になった分、

それで良いとしている自分がおり、
それを消すために参加させていただきました。

すると、
前回は見えていなかった

父親に対する感情《嫌い》という感情が
《本当は大好きの裏返しだった》と気づきました。

この《嫌い》という感情が邪魔していて
色々なことがうまくいかなかったと思い至ったのです。

この時期にセミナーを受けて、
自分のやりたいこと【使命】が自覚できたことで、
次に何をすればいいか見えてきて楽になりました。

これから毎日教わったワークをして
父親との関係を戻していきたいと思います。

参加するたびに、
前回とは違ったより深い、
より強い気持ちに気づくことができます。

また参加します!!
 
ーーーここまでーーー

 

二進も三進も行かない
苦しい状況で頑張っているタイミングで

「あなた、本当は
 お父さんのことを
大好きなんじゃないの!?」

などと忠告されようものなら
どなたもブチ切れると思いませんか?

でも同じことでも
自分で気づいたら状況は一変します。

自分で気づいてしまったからこそ
「変わろう!」と、決意ができるんですよね。(^^/

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
                  片平 悦子

 

本当は弱い自分に蓋をしていただけ

こんにちは!片平です。

今日ご紹介するのは
初めて自信探求セミナーにご参加の
松井さん(経営者、50代)

 
ーーーここからーーー
 

私は、
やらなくてはいけないことがすぐにできず
後回しにしてしまうことが悩み
でした。

やりたいことが見えてくると
前に進めるのではと思い参加しました。

ワークで見つかった
私のマイナスパターンは
面倒だなと思うと逃げていたことでした。

セミナーを受けるまで、
自分は強いと思っていたけれど、
本当は弱い自分に蓋をしていただけだ

ということに気づきました。

私が感情を殺していたのは
辛さから逃げていた
ということがわかりスッキリしました。

painful

明日からは
いいイメージを思い出すようにして、
周りの人へ協力を求めるようにします。

satisfaction

このセミナーは
自分は大丈夫と思っている人でも、
うまくいかないことがある場合には、
次の一歩を踏み出すきっかけになると思います。
 

ーーーーココまで ーーーー

 

彼女はとても優秀な方です。
なんでも上手にソツなくこなします。

以前同じ職場にいた時は
私にない良さがあり、聞き上手で
たくさん助けていただきました。

でも、なんとなく
本当の気持ちを隠している気がして

一緒にいるとちょっとだけ
寂しい気分になったものでした。

今回、機が熟してのご参加。

セミナー中、
急に涙ぐんで語り出したのは
お母さんのことでした。

お母さんが・・・

きっと・・・

悪意はなかったと思います。

でも、

姉に「あなたが一番だよ」
と言っては他の家族の悪口を吹き込む。

妹にも「あなたが一番だよ」
と言っては他の家族の悪口を吹き込む。

その結果、

姉妹はそれぞれを嫌いになる。

そんな構図の中で
お母さんを守るためにいい子を演技する

姉も妹も、
お互いを嫌いのまま
その感情を押し殺して。

お聞きしていて、きっと、
『辛かっただろうな・・・』
としみじみ思いました。

家族がお互い
本音を言えず警戒したまま
つき合っていくなんて悲しすぎます。

気づけて本当によかった。

ワークの後
「別になんとも…と思っていたけど
 ワークをしていたら感情が口から
 溢れてきてびっくり
しました。」

聞いていたのと
 やってみるのでは全く違いますね。

と仰った言葉が印象的でした。

最後に話された
松井さんのコメントを
許可をいただき掲載します。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

                  片平悦子

 

「愛さない」と決めていた

こんにちは!片平です。

今回の自信探求セミナーは

セミナー内容をチェックして
いただくためにコンサルの先生に
参加をお願いしました。

自分からお願いしたのに
やはりチェックされているというのは
相当緊張するものですね。(><;

でも、

厳しい指摘で、より良い内容にして
悶々と苦しんでいる人のお役に立ちたい・・・
というのが本音です。

今回は2回目の参加の方が多く
また女性が多かったことも幸いしたのか

潜在意識の深いところにアプローチ
できる方が多かったです。

その分、中身は濃く
気づきも深いものでした。

以下、数日にわたり
参加した方の声を紹介させていただきます。

 

ーーー IR さん(自営業、女性、50代)ーーー

前回初めて受けた9月のセミナー後、

たくさんのマイナス感情は出たけれど、
まだ素直になりきれない自分がいました。

『また受けたいな・・・』
と思ったタイミングでこのセミナーが
開催されることを知りました。

ワークで見つかった
私のマイナスのパターンは、

愛されているのはわかるのに、
愛を返すことができない自分の傾向性
でした。

本当は、小さいころの自分は
親にあるがままの自分を愛して欲しかったのに、
親の価値観で押さえつけられた
ので、

親への復讐として冷たい態度をとったり、
「愛さない」と決めていたことに気づき
ました。

resentment

今後は主人に優しくし、
人に愛を与えることを怖がらないようにします。

『自分は変われるはず』
『変わりたい」

と、思っている人で、
タイミングの合う方には

自分を変えるチャンスが与えられるんだな
と思えるセミナーです。

ーーーここまでーーーー

 

彼女:

「さっき主人に「愛してるよ〜〜〜」って、メール送りました。」

love

私:「え〜〜”?」「そしたら?」

彼女:「そしたら「僕もだよ〜〜」ですって! (^^/

私:「*(^0^)*;…」

彼女は、思い切りのろけて、帰られました。。。

☆゜・:,。*:..。o○☆ ☆゜・:,。*:..。o○☆

悩んでいるお顔が少しづつほぐれ

本来の自分に戻られ、
自信がお顔に満ちてくるのを
拝見でき、本当に素敵な仕事です。

私の「福の神さま」に大感謝です。

では、今日も素敵な1日をお過ごしください。♪

                 片平悦子