片平悦子のつぶやき

自己嫌悪・自己卑下

自分で自分のモチベーションを
「よっこらしょ!」と持ち上げるのは
大変な時があります。

jisin-lp-img-a1

先日、こんなことがありました。

自分の予定通りに行動ができず
自己嫌悪・自己卑下の気分が強くなって
朝なかなか起きられない
んです。

本当は
車の免許証更新に行く予定の日。

なんとなく気が重く
ダメな自分を消したい気持ちが勝って
そのまま、二度寝
して目覚めると13時。

たくさん寝たのに
やはり気力が湧きません。

布団の中で考えました。

私って住み慣れた田舎の
山の中から下山してからは

何時も先のことを考え
目標をイメージしては、
そこに向かって動いてきたよな・・・

よく考えれば
世間の人たちは週休2日。

でも、自分は年中無休で
月に1-2日休むくらいで走ってきた・・・
去年は、1年で10日も休んでいない。

だから、
ランナーズハイのようになっていて、
休むと精神的バランスが崩れてしまって
いるのではないか?

無意識に
去年と比較してしまって
去年より頑張っていない自分を責める。

自分を責めると
そんな自分を見たくないために
寝てごまかす。

そんな状態かもしれないと思い

早速タッピング!

お!
ちょっと気分が持ち上がってきた。

そして、ミラーワーク。

『ゆっくりしてもいいんだよ。
 人と比べたら頑張りすぎているんだよ。』

『そもそもこの年齢になっても
 前に進もうと思っているだけですごいことだよ。』

やや!
なんだか気分が軽い。

そうだ、明日からスケジュールを

午前と午後、逆にしてみよう。

不思議です。

改善のための行動方法を思いつくと
解決したわけではないのに気分が変わります。

ほんの少し
希望の光が見えてきたら
また頑張ろうという気分になってきました。

もしかしたら
間もなく自信探求セミナーが
開催されるので、

参加者の皆さんの
気持ちを理解しようねという
メッセージだったのかもしれません。

レジュメをチェックし
参加される方のお顔を思い浮かべ
セミナーを機縁としてハッピーに
なっていただけるようにしよう!

そう思えた今日でした。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
                  片平 悦子

2016-02-11 | Posted in 片平悦子のつぶやき