片平悦子のつぶやき

お金、人間関係、全て人のせいにしていました。

こんにちは!片平です。

今朝、起き抜けのことです。
誰かに質問された気がしました。

夢の続きだったのかもしれません。

「片平さんは以前は、
 あんなに逆恨みをして
 人のせいにしていたじゃないですか?」

「なぜ、あなたは変われたのですか?」

「何か、《きっかけ》があったのですか?」

そんな風に、
誰かに聞かれた気がしたのです。

そうですよね。。。。。

目覚めてしばらく 回想タイムに。。。。。

ファイル 2016-02-01 15 32 05

人は誰しも、
『他人に迷惑をかけまい』
『自分の食い扶持は自分で稼ごう』

と必死で頑張っています。

お金がない時代は、なおさら必死です。

私も長い間
お金に苦労してさまよっていました。

そして、
うまくいかないことがあると
二言目には

「親が悪い」
「貧乏に生まれたせいだ」
「長女は損だ」

と、環境や人のせいにしていたんです。

それが

いつから
なぜ変わったかというと・・・

そう、

あれは
あるところで瞑想していた時です。

神様の光といいましょうか?
天上界の光といいましょうか?
宇宙からの光といいましょうか?

なんとも言えない光が
私をめがけで一直線に
大河のように流れ込んできたのです。

暖かくて 柔らかくて 力強くて
体を起こしているのがやっとでした。

すると、
 

「永遠の過去から永遠の未来まで、
 ずっと愛していたし、ずっと愛しているよ!」

そんなメッセージが
伝わってきたように感じたのです。

それを感じた瞬間
私は嗚咽が止まらず
その場に泣き崩れてしまいました。

ただただ… ありがたく感じました。

「私が、こんな暖かい光に包まれていたなんて…!」

「それに気づかず、何十年も
 人のせいにして生きてきたなんて…!」

私の心を覆っていた黒いモヤモヤが
ナイヤガラの滝に洗い流されるがごとく
ベリベリとこそげ落ちて行きました。

それからです。

心の中で何かが変わりました。

『愛されていなかったのではない。』

『愛を感じることができなかっただけだ。』

『こんなに愛されている私だったんだもの。
 嘆くことをやめ、これからは以前の私のように
 苦しんでいる人のために尽くしていこう!』

それは、
自分めがけて内側に向いていた
心のベクトルが、ようやく
他の人たちの方へ外向きになった瞬間でした。

以前の私のように
お金や人間関係の不遇を
誰かのせい、環境のせいにしている人は
たくさんいます。

しかも、そうとすら… 気づかないままに!

私がその代表選手でした。

私はそれまで自分のことを
《とても頑張っているいい人》
だと思って疑いませんでした。

ずっと《自分は善人だ》
と、思って生きてきました。

でも、神様とか宇宙の目から見たら
『なんと小さな生き方をしていることよ』
と見えていたに違いないのです。

そして、あなたは
どれほど恵まれているか知っているのか?

奴隷のように売られていく
女子供が地球にはまだまだたくさんいる現実。

なのに
同じ時代に
同じ地球に生きていて

食べるものもあり
住むところもあり
仕事もあって

まだ、
誰かのせいにして
不幸を嘆き続けるのか?

暖かい愛の光の中で
厳しい一転語をいただいた気がしたものです。

そうだ、
そんなことがあって
この道を目指そうと思ったんだ・・・

それは40歳になったころのことです。

なんとなく書きたくなって書いてみました。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

            片平悦子

2016-02-03 | Posted in 片平悦子のつぶやき