片平悦子のつぶやき

ワインのテイスティング

今日は大晦日
遅ればせながら大掃除。

『ええい、何もかも捨てて断捨離だい!!』
と処分していったら、以前ワインの
テイスティング講座に行った時の資料が出てきた。

そうだ!ここに書き留めて処分しようっと!

1、テイスティングでは味覚と嗅覚を磨こう

・バリエーションを知ったら、それを記憶していくこと
・ワインの個性や特性を知ること(EX.夏:冷やして。冬:BQでなど)

2、感性を言葉で表現することを身につける

・FB等にアップする時は、その人でなくてもかけることはあえて書かない
・感覚を言葉で足す→何を思い何を知ったのか
・初体験のワインに対するポジティブな感性を磨く

3、テイスティング上達のコツ

・先入観を捨てる→グラスの中に集中する
・プラス思考で行う→分析し判断する
(EX:〓〓がある、▶︎▶︎があるというように)
・感覚を言葉にする→他の人と言葉を交わす
・繰り返し継続する

すると、ワインでコミュニケーションが取れるようになる

4、ワインを表現する5つの方法

①成熟度
・ブドウの熟成度
・色の濃淡
・濃い:熟度がたかい=フルーティな香りがする
・淡い:熟度が低い

②熟成度(ワインの熟成)
・色の変化に現れる:グラスのエッジが変化するのがその熟度がたかいもの
・熟度がたかいとブラウンオレンジに変化するのでよく見よう
・青っぽいのは若い&若いワインは輝きも強い!

③余韻(本質、本音)
・飲み込んだ後の口の中に残る味わいのこと
・その長さと風味はどんな感じか?
(EX: 余韻は爽やかですね。長く余韻が残るんですねなど)

④豊かさ

⑤複雑さ

アルコールが弱い私としては、
テイスティングの上達は望み薄。

でも知っていれば
いざという時には力になりそう
ということで参加しました。

すっかり忘れていたけど
とっても奥が深そうでした。

A happy new year!

片平悦子

2015-12-31 | Posted in 片平悦子のつぶやき