片平悦子のつぶやき

菩薩のような顔

先日、テレビで
来年で廃校になる山形の小学校が
放送されていました。

 

その学校には、
40年間もの長きにわたり
毎月毎月数千円から1万円、

本を買うようにと寄付してくれた
「足長おじさん」がおられました。

しかも毎回
温かい励ましの手紙付きです。

 

廃校になるというので
全児童で「足長おじさん」に
お手紙を送ったところ、

ついに、「足長おじさん」
に会えることになったと
テレビでは伝えていました。

そのおじさんは68歳
とっても温厚そうで、
柔和なお顔をされていました。

 

まるで、菩薩様のよう!!

 

『すごいな〜』
『こんなふうに年取りたいな〜』

としみじみ思いました。

 

なぜかというと、

福島にいた頃、私はよく娘に
「お母さん、顔怖いよ・・・」
と言われていたからです。

 

福島にいた頃は
昼は整体、夜は塾の運営の本格化に向け
2つの仕事を掛け持ちするような形で
仕事をしていました。

 

疲れた体に鞭打って
50過ぎのおばさんが
慣れないパソコンと格闘する姿は
想像するとやっぱり怖いですよね。

 

一番怖かったのは
メガネをかけて眉間にしわを寄せ
パソコンを睨みつけていた顔らしいです。

パソコンしていて、娘に呼ばれ
ふと顔を上げると、眉間にしわが寄ったまま
睨みつける形になっていたようです。

 

ある日、その顔が
机の上の小さな置き鏡に偶然映った時は、
自分でも本当にギョッとしました。

見栄を張るために言っときますと
老眼鏡じゃないですよ。
青色光線を回避するためのメガネです! (^^

 

その時から、私は
自分の顔を意識するようになりました。

もちろんエステに行ったり
小顔矯正をしているわけではありません。

普段の積み重ねが自分の顔になるんだ…
と、なんとなく思ったんです。

 

だから、普段から口元と眉間を
ちょっとだけ意識するようになりました。

だって、口もヤジロベイみたいに
見事に「への字」だっからです。
最近は、
諦めたのか少しましになったのか
娘から「お母さんの顔怖い」とは
言われなくなりました。

 

そして、しみじみ思うことがあります。

 

それは人生は、何をするかではなく
何を想って生きるのかが大切だと・・・

べつな言い方をすれば
「DO」も、もちろん大切だけど
「BE」を、意識することが必要だと思うのです。

 

もし、前出の「足長おじさん」が
「DO」の人だったら40年も続いたでしょうか?

そうではなく、
インタビューに答えておじさんは言っていました。
『自分の子供の頃は本も満足に
読めなかったからそんな思いをさせたくない』
『たくさん教養を身につけてほしい。
そのために自分は陰で支えよう』

これって、まさしく
「こうありたい」という「BE」ですよね。

「BE」(ありかた)を貫いたから
40年も小学生の心に火を灯すことが
できたのだろうな〜と思いました。

だから、テレビに映るお顔に
「俺がやってやった」とか
「どうだ!」という気配が微塵もなく

与えきりの菩薩様のような
お顔だったのではないかと思うのです。

未熟な自分だけど

「見習いたいな〜〜」

と思った出来事だったので書かせていただきました。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

片平悦子

 

 

 

2015-12-09 | Posted in 片平悦子のつぶやき