片平悦子のつぶやき

潜在意識がリアルになると

こんにちは!片平です。

仕事の用事で2泊4日で
ハワイに行ってきました。

やはり強行スケジュールは
体にこたえますね。(><;

今回は全く観光できないのが
残念でしたが、面白い話を聞きました。

東日本大震災でも
暴動が起きなかった日本人は
いい国民なのだ、

と私は勝手に思っていました。

ハワイのある施設に行ったときに
日本から移住して数年が経った
お友達がこう言いました。

アメリカは
「身障者に心配りができているのよ」

「日本ではたとえ保健所や役所などに
 身障者用駐車場があっても
 空いていたら健常者がすぐ駐車するでしょ?

 でもアメリカでは
 絶対そんなことないんだよ。

 身障者を大切にするのが当たり前で
 それは素敵なことだと思うのよ。」

それを聞いて
そうなんだ、アメリカの価値観は
そういうところにあるんだ。

と思いました。

自分の常識や当たり前が
ちょっと地域を変えると
そうではなくなるんですね。

ということは、
「郷にいれば郷に従え」という
故人の教訓はその通りなのでしょうね。

ではここで、
ハワイに行く前日に行った

「自信探求セミナー」の終了直後の
アンケートをご紹介します。

ーーーここから ILさん 50代女性の声 ーーー

なぜセミナーを受けたかというと

頭では理解していても、
心と感情が付いて行かず
苦しかった自分がいたからです。

また、マイナスの感情を
たくさん持っていることが
わかっているのに

どうやったらそれを消して
楽になるのかがわかりませんでした。

そんなとき、
ホームページを見たのです。

セミナー案内の内容を見た瞬間に
「これだ!」と思いました。

実際に参加してみて、
日常的にたくさんのマイナス感情を
抱えている自覚はありましたが、

ワークをしていくうちに、特に
「怒り」「悲しみ」「恐怖」に
強く縛られていることがわかりました。

それらのマイナス感情は
子供の頃の家庭環境からくるものでした。

まさか、原因が家庭にあるとは
思ってもおらずびっくりしました。

このセミナーで、
「自分が変われる」という
実感を得ることができ、

このマイナス感情を追い出したら
もっと素晴らし人生がやってくる
と確信しました。

自分の手で人生を変えたいと
思われる方にお勧めのセミナーです。

ーーーーここまで ILさん 50代女性の声ーーーー

すると翌日にはまた、
下記のような内容の
メールをいただきました。

潜在意識がリアルさを持って
姿を現してきたのがわかります。

ーーーここから ILさん 50代女性の2日目のメールーーー

こんにちは^ ^
セミナーの後、はっと
気づいたことがありましたので、
お知らせしたくてメッセージしています。

私は昔から、
将来自分がやるであろうことや、
関わるであろうことを、

それが何なのかまだ見えていないうちから
自然と口に出して話していたり、
漠然と心の中に想いを巡していることがあります。

マッサージ師になりたての頃
患者さんの心と身体と魂を癒せる
マッサージ師になりたいと、
無意識に人に語っていたことがあります。

当時それを聞いた先輩に、
目の前の痛みも取ることができないのに
何を偉そうなことを言ってるのか、
そのうち痛い目にあって泣きを見るから、
その時が楽しみだね、
と言われ悔しくて泣いたことがあります。

でも、
想いはいつか叶うと信じていましたし、
その方法にもいつか出会えると信じていました。

そして去年、パーフェクト整体に出会い、
身体の苦痛をやわらげる技術に出会いました。

そして今回は、
魂を光り輝かせるには、
潜在意識を活性化すれば良い
ということに気づきました。

私が無意識に語っていた、
心と身体と魂を癒せるマッサージ師に、
一歩近づけたと思っています。

私が癒されていく道を、
他の方にもいつか提供できるように、
前に進んでいきたいと思います。

こんなことをお伝えしたくて、
メッセージいたしました(*^^*)

ーーーここまで ILさん 50代女性の2日目のメールーーー

素敵ですね。

それにしても、人様の夢を
土足で踏みつけるようなことを
する方がいるなんて驚きです。

な〜んて上から目線で言える
立場には私はありません。

なぜかというと、
以前の私もそうだったからです。m(_ _)m

むしろ、過去のそんな自分を
消してしまいたいくらい
恥ずかしく、情けなく思っています。

人は誰しも
生まれた環境や、親の価値観
教育信条、常識などに影響され

「こうあるべき」という価値観を
自分に植え付けて、それに基づいて
行動したり発言したりしています。

だから、Aさんの常識は
Bさんの非常識だったりします。

それでも、お互いが
仲良くやれているうちはいいのですが
それがしっくり来なく感じたときは

どちらかが、
自分の価値観(潜在意識の想い)を変えるか、
逆に正直になる必要が出てくるでしょう。

ということは、
お友達と意見が合わなくなるか、
とことん考え方を話し合って
お互い理解のもと前に進むかどちらかでしょう。

前者であれば
離別になるでしょうし

後者であれば
より親しい間柄になれると思います。

まずは、どちらに転んでも、
そのような結論を出した自分に
正直になる覚悟が必要です。

本当のことを言いますと
私自身も価値観が変わっていくときには
とても孤独を感じたものです。

言葉を尽くして話しても
わかってもらえないからです。

こちらは本気で話しているのに
軽〜くいなされてしまう回数が増えると

『ああ…伝わらないんだな…』と
諦めるしかありませんでした。

伝わらないことを嘆いても
考え方や価値観が違うだけなので
仕方ないですよね。

これも、
誰がいいとか悪いとかの話ではなく
誰が正しく間違っているかの話でもなく

お互いが、
価値観を共有できる人としか
だんだん付き合えなくなってくる
ということの証明でしょう。

できれば
天使に愛される価値観
福の神に愛される価値観

を選択して
日々生活していきたいですね。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

片平悦子

2015-10-03 | Posted in 片平悦子のつぶやき