片平悦子のつぶやき

怒り爆発! あなたはどうコントロールしてますか?

今日は
怒りのコントロール
という話です。

歩道を歩いていると。。。

肩をかすめるように
後ろから自転車に追い越され

「ドキッ!!」

あなたは
そんなことないですか?

私は
自宅から職場まで約10分
毎朝歩いて通勤します。

すると後ろから
自転車が私を追い越します。

ドキッとして歩道の端に寄り
歩き出すとまた後ろからシュって
ママチャリが追い越すんです。

毎日、
しかも3人4人5人と
当たり前のようにこうして
私を追い越して行きます。

せめて追い越すときに
歩行者の後ろに来たら
「すみません」とか

横を通るとき
「ありがとう」とか
言えないの?

と、少しずつ
怒りモードに突入していく私。

そこで私も
気配を感じたら後ろを振り向き
先に道をゆずります。

そ、それでも

ママチャリの奥様方

絶対に目を合わせず

「すみません」とも
「ありがとう」とも

言いません。

このママチャリの奥様方

自分はそんな態度なのに
お子さんに

「あいさつしなさい」
「お礼を言いなさい」
「ありがとうでしょ」

と、のたまうのですかい?

と妄想は膨らみ

私の怒りは爆発寸前です。

と、ここで

『 こら、えつこ
待て、待て、待て〜〜い!! 』

と、心の声が聞こえてきます。

自制心、発動!!というわけです。

そうでした。

ムラムラと
怒りの感情が起こるとき

これは間違いなく背景に

「〜でなければならない」
「〜すべき」

という思いがあるはず。

「自転車は車道を走るべき」

「後ろから人を
自転車で追い越すなら
声がけは常識でしょ」

「口があるなら
あいさつできて当たり前」

もちろん
ママチャリが車道ではなく
歩道を走る気持ちはわかります。

「ママチャリで車道は怖い」
「子供が乗っているから
歩道の方が安全」

ですから。

理屈では、
頭では分かるんですよ。

し、
しか〜〜し

私の心の中では
私自身の信念ともいうべき
「〜すべき」に反した瞬間

怒りモードに
スイッチがパチっと入り
マイナス感情が高速回転し始めます。

そして
「許せん」とばかり

次は
「制裁せねば」
スイッチが入ります。

おい、そこのママチャリ!

せめて、追い越す前に
「すみませ〜ん」

追い越したら
「ありがとうございます」

って、声がけできないんかい?!

感情は暴走し

あげくに
「それで子育てできるんかい?」


現実に起こっていないことまで
妄想して怒りが増してきます。

気づくと花屋さんの
ショウウィンドーに映った
鬼の形相の自分が!! (><;

そして、
そこでハッタと気づくわけです。

「 いかん、いかん
 今日も、〜すべきに感情を
乗っ取られるところだった 」

と、深呼吸。

そして頭や体をタッピングして
平常心を取り戻し、ニコニコして
職場に向かいます。

朝はとっても気分よく
ハッピーに目覚めたのに
通勤途上で、心が乱れてしまう。。。

あなたにも
このようなことはありませんか?

そして、あなたは
怒りの感情も持った時
どのようにコントロールしていますか?

同じ出来事でも
全く気にしない人がいる
ことを考えると

感情は
小さい頃から培った考え方や
価値観に起因すると言えます。

プラス感情は
自分をハッピーにしてくれるので
そのまま成長させていいのですが

マイナス感情は
なんとかして克服したいですね。

その時に
マイナス感情の背景にある
価値観や考え方に気づくと

マイナス感情からの脱出が早くなります。

なるほどと思ったら
お試しくださいね。

2019-05-01 | Posted in 片平悦子のつぶやき