片平悦子のつぶやき

ハワイ通信-2

こんにちは!えつこです。

前回からハワイに来て感じたことを書いています。


(これ、なんだかわかりますか?あの有名なノニです。庭にたくさん!)

ハワイに渡る3ヶ月位前から

私の不安はピークを迎えていました。

誰かに行けと言われたわけではなく
自分で決めたので、誰かを当てにすることはできません。

様々なセミナーに出たりして活路を求めました。

これならと、
幾つか大きな金額のセミナーや
コンサルの先生に投資しました。

その時はいいと思ったけど
ハワイに来てみると、それらは
ことごとく機能しませんでした。

当然ですよね。

文化の違いも考え方の違いも
法律の違いも知らない状態で企画したことが
うまくいくはずありません。

あんなに事前に頑張ったのに。。。

何一つ機能しない焦りで、
私は気が変になりそうでした。

その時、私を救ってくれたのが瞑想です。

ハワイに渡る前から私の瞑想の質は
ゆっくりだけど確実に上がってきていました。

潜在意識をクリーニングして、
潜在意識の深いところで別の世界とつながる
感覚が持てるようになっていたのです。

そこで、AirB&Bで借りた部屋に戻ると
一人ぽっちで変になってしまいそうな気持ちを沈め
瞑想をする毎日

不思議ですが
瞑想をするとなんとも言えず
穏やかな気分になります。

穏やかで幸せで愛に満ちた感覚
全てが与えられていて私はそんな遊技場で
遊んでいる一人の子ども。

そんな感覚になれるんですね。

もう少しわかりやすく言うと
子ども時代、親が公園に連れて行ってくれ
遊具で思いっきり遊んでいましたよね。

お金の心配も時間の心配も
食事や仕事の心配も何もなく
ただ時々親を振り返りながら無心に遊んだ頃。

そんな感覚になれるんです。
だから、

瞑想後は、幸せで幸せで、満ち足りていてもうこのままでとっても幸せ!

っていう気分で
ニヘニへしながら目が開きます。

先ほどまでの焦りはぶっ飛び
心臓の鼓動は緩やかになっていて
絶対うまくいくという確信すら持てています。

状況は何一つ変わっていないのに、本当に不思議です。

すると、何日かして紹介されて
お会いしたセラピストがYさんでした。

紹介といっても
蜘蛛の糸を手繰り寄せたようななんとも心細い…
紹介者が間違って現れるという紹介でした。

私は今まで雇用の失敗で本当に苦労してきています。

特に、渡りに船とばかりに
急いで雇用して何度失敗したことか!

そこで、慎重になろうと用心しながら
何度か会って話をしてテストを受けていただき
合格だったので一緒にやっていくことを決意しました。

とはいうものの、それは私の話で、
Yさんはまだ半信半疑だったようです。

だってサロンという箱物はあるけど
まだ何をするかも決まっていないし
当然コンセプトも何もありません。

お客様も一人もいない状況です。
サロンをオープンするにあたって
何から開始したらいいか、どんな法的手続きが必要かも
全くわからない状況でした。

必然の出会い

とはいうものの
Yさんと毎日話をしているうちに
この出会いは必然かもと思うようになっていきます。

というのは、Yさんは4-5年くらい前
突然電車に乗っていて「そうだ!整体師になろう!」
と思ったと言います。

そしてその道に入ってから、奥様と出会い
奥様の仕事の縁でハワイに2年前から住んでおられました。

4-5年前といえば私が塾を始めた頃です。

その頃から潜在意識の世界では、将来は
この人にハワイの仕事をしてもらおうという計画が
できていたのかもしれないと思えてきました。

なんて都合のいい考え方か?
自分でも笑えます。

そして、私はパーフェクト整体の創始者だから
当然やりたいことは

パーフェクト整体で人々を救うことです。

でも彼は
ハワイマッサージライセンセンス保持者です。
マッサージが専門で治療が専門ではありません。

さあ!どうする???

 

つづきは次回書きますね。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

片平悦子

2017-06-10 | Posted in 片平悦子のつぶやき