パーフェクトLife初級(自身探求1日目), 事例紹介

ミラーワークの文章・事例

こんにちは!片平です。

2回にわたって
Pさんのタッピングの事例を
紹介しましたがご覧になられました?

今日はそのまま
ミラーワークのための文章も
紹介していきますね。

ミラーワークの書き方が
わからない方は

引き続き、Pさんの
ミラーワークの内容をお伝えします
ので参考にしてくださいね。

思い出してみましょう。

ミラーワークに書くことは、
その時、本当は
こんな風に褒めて欲しかった
っていうことを書くんでしたね。

※今日のブログが何と思う方は
 下記をみてから読み進めると
 一連の流れがよくわかりますよ!

タッピング①の文章・事例

タッピング②の文章・事例

ーーー

本当にすごい!

お父さんお母さんより飾り付け
テープの作り方が上手じゃないか!?

〇〇(←自分の名前)は、本当にすごいね。

今まで何で

〇〇(←自分の名前)の才能に
お父さんお母さんは
気づかなかったんだろう!

〇〇(←自分の名前)は
こんなすごい才能があったんだね。

ああ、〇〇(←自分の名前)
お父さんお母さんの長男に
生まれてくれてありがとう!

大好きだよ!〇〇(←自分の名前)!!

ーーーー

ミラーワークでは
自分の能力を褒めるだけでなく
存在そのものを愛おしく思っている
ことを表現してください。

・何かしたら褒められ
・何かができなかったら叱られる
というのではなく

何もしなくても、
そこに存在するだけで
愛おしいという気持ちを
文章に込めてください。

そして、そんな
過去の苦しんでいた自分を

大人になった今のあなたが
妄想の世界で思いっきり
抱きしめてあげてください。

そうして初めて
苦しんでいた過去の自分が
一人癒されては…消えていきます。

Pさんは、実は
フォローワークに参加されて
開口一番こう言いました。

「こんなことをする息子に
 なんて言ったらいいか
 わからない???・・・」

でもここまで
読み進めたあなたなら
もうおわかりでしょ?

そうです。

このミラーワークで
書いた通りのことを
息子さんに言ってあげれば
いいんです。

そしたら
息子さんは自分の行動と
存在そのものをまるっと全部

両親に受け入れてもらえ
認めて、褒めて、愛して
もらえたんです。

その証拠に
「生まれてきてくれてありがとう」
と言って、両親がハグしてくれたら

5歳の息子さんは
どれほど満たされた気持ちに
なることでしょうか?

では、今日も
素敵な1日をお過ごしくださいね。♪
             
            片平 悦子