タッピング①の文章・事例

こんにちは!片平です。   自信探求セミナー(現:パーフェクトlife「序」) のフォローワークのでき事。 彼(Pさん)はフォローワーク3回目。 1回目は潜在意識に入る事すらできず。 2回目にようやく潜在意識に潜り込み。 3回目の今回、 潜在意識の底にある 固い蓋にちょっと穴が空いた。   どうしたかというと… 彼は賢い方法を編み出しました! 自分では全く 潜在意識に入り込めないので 5歳になる息子の行動で イライラする場面とか 『何でこうするかな〜』 というでき事を 自分に投影して、 自分が子供の頃に、 似たような事があったのではないか という仮説のもと、 自分の潜在意識を 探ってみる事にした。 と、いいます。   それは、賢い、良い方法かも… なるほどと思って早速スタート。 子供ってありがたいですね。 Pさんの息子さんは 2歳になったとき、 下に妹さんが生まれました。 一番甘えたい時期に ちょっと弱く生まれた妹さんに 両親の気持ちが全て持って行かれ さぞや 悲しい思いをされている のではないかと推察しました。   子供のイラッとする場面   事実として起こった事: 5歳の誕生日に 部屋の天井に飾り付けを作り 幼稚園から帰宅した息子に 「おめでとう!」と言ったら 「僕の方が上手にできるよ」 と言って息子が自分で 飾り付けを作り始めた。 両親:唖然! この実際にあった出来事を 自分の事として投影してみると 5歳の息子さんが一体どう思っているかわかる? とPさんに聞いてみると・・・ 「全く分からない」 とのことなので 私が勝手に作文してみました。 自分だったらこうじゃないかなって感じで! 以下5歳の息子さんの気持ちを 私が勝手に解釈した内容です。   ーーーーーーーーーー 「自分の方が上手にできるよ。 ...
2016年7月4日0 DownloadsDownload