パーフェクトLife初級(自身探求1日目)

本当は弱い自分に蓋をしていただけ

こんにちは!片平です。

今日ご紹介するのは
初めて自信探求セミナーにご参加の
松井さん(経営者、50代)

 
ーーーここからーーー
 

私は、
やらなくてはいけないことがすぐにできず
後回しにしてしまうことが悩み
でした。

やりたいことが見えてくると
前に進めるのではと思い参加しました。

ワークで見つかった
私のマイナスパターンは
面倒だなと思うと逃げていたことでした。

セミナーを受けるまで、
自分は強いと思っていたけれど、
本当は弱い自分に蓋をしていただけだ

ということに気づきました。

私が感情を殺していたのは
辛さから逃げていた
ということがわかりスッキリしました。

painful

明日からは
いいイメージを思い出すようにして、
周りの人へ協力を求めるようにします。

satisfaction

このセミナーは
自分は大丈夫と思っている人でも、
うまくいかないことがある場合には、
次の一歩を踏み出すきっかけになると思います。
 

ーーーーココまで ーーーー

 

彼女はとても優秀な方です。
なんでも上手にソツなくこなします。

以前同じ職場にいた時は
私にない良さがあり、聞き上手で
たくさん助けていただきました。

でも、なんとなく
本当の気持ちを隠している気がして

一緒にいるとちょっとだけ
寂しい気分になったものでした。

今回、機が熟してのご参加。

セミナー中、
急に涙ぐんで語り出したのは
お母さんのことでした。

お母さんが・・・

きっと・・・

悪意はなかったと思います。

でも、

姉に「あなたが一番だよ」
と言っては他の家族の悪口を吹き込む。

妹にも「あなたが一番だよ」
と言っては他の家族の悪口を吹き込む。

その結果、

姉妹はそれぞれを嫌いになる。

そんな構図の中で
お母さんを守るためにいい子を演技する

姉も妹も、
お互いを嫌いのまま
その感情を押し殺して。

お聞きしていて、きっと、
『辛かっただろうな・・・』
としみじみ思いました。

家族がお互い
本音を言えず警戒したまま
つき合っていくなんて悲しすぎます。

気づけて本当によかった。

ワークの後
「別になんとも…と思っていたけど
 ワークをしていたら感情が口から
 溢れてきてびっくり
しました。」

聞いていたのと
 やってみるのでは全く違いますね。

と仰った言葉が印象的でした。

最後に話された
松井さんのコメントを
許可をいただき掲載します。

では、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。♪

                  片平悦子